体験例
フコイダン代替医療方法についての体験例
フコイダン代替医療方法についての体験談

不眠症

妻の入院をきっかけに、眠れなくなってから6ヶ月がたちました。今まで全くと言っていいほどしていなかった家のことをやるようになり、お見舞いにもいき、ストレスもあるとは思いますが、全く眠れなくなりました。医者からは睡眠導入剤を渡され飲みましたが、それでもすぐに目が覚めてしまう。そんな生活を続けていたのですが、たまに手伝いにきていた娘が、こういうのがあると紹介してくれたのがこの研究所でした。電話で相談し、さっそくフコイダン療法を開始しました。年齢もあり関節の痛みや、耳鳴りなどもあったのですが、開始して4ヶ月ほどたった時には、あまり気にならなくなると同時に、もう朝になったのか、という経験がどんどん増えてきました。まだまだ継続し、元気な姿で妻の帰りを待ちたいと思います。

不眠症のご相談はこちらから

沖縄県 匿名 男性 70代

4年ほど前から、ある悩み事が原因で不眠症になりました。「ねなくちゃだめ!」と強く思えば思うほど、心臓の鼓動が早くなり、頭に血がのぼり、いつも通りどんどんどんどん寝付けないというパターン。だから、あきらめちゃえ!寝ようと思わないでおこう!と思ってもそう簡単にはできず。夜中眠れないときに不眠症を検索しこのサイトへたどり着きました。フコイダンなんて聞いたことないし、よくわからなかったけど、とりあえずメールで相談。すると、「なるほどね!」というアドバイスをもらうことができ、フコイダン療法を開始。フコイダン水溶液をとるだけだったので半信半疑でしたが、一週間くらい経ったときに、久しぶりに「あれ?もう朝?」と、無意識に眠れていました!あまりにも期間が短かったので驚きましたが、開始半年たった今、何も気にせず眠れています。相談してよかった~と本当に思いました。

不眠症のご相談はこちらから

岐阜県 匿名 40代女性

 入眠できず、早起きなので、睡眠導入剤と中長期睡眠剤を1年間処方されていました。確かに効いたのですが、免疫ができたのか、あまり役に立たなくなりました。薬が昼間にまで残るようになり、同僚にはふらふらと薬中のようだといわれ、これは何とかしないとと思っていました。運動を始めても眠れず、たまたま見つけたこの研究所に相談をしてみました。年齢もあるだろうし、とりあえず始めてみようと相談をして開始しました。フコイダン水溶液を朝50ml、夜50mlでまずは3か月続け様子をみることにしました。1か月あたりから、入眠自体が変わってきたように感じ、それから徐々に薬を飲まなくてもいいようになり、朝の目覚めの変化がだんだんとわかってきました。たまに仕事の心配ごとで眠れない日はあるものの、それ以外は眠れるようになりました。睡眠ってこんなに大事なんだなとひしひしと感じさせられました。これは相乗効果なのか、もともと悪かった肝機能の数値も正常になっていたのには驚きです。これからも続けてみようと思います。

不眠症のご相談はこちらから

埼玉県 笠原さん 男性 54歳
«前 1  2 
  • 学会・メディア発表
  • お問い合わせ
フコイダンに関する情報
研究所所在地
フコイダン代替医療研究所
一般社団法人
フコイダン代替医療研究所
沖縄県浦添市牧港2-33-7