不眠と沖縄もずくのフコイダン

当研究所ではフコイダン代替療法でフコイダン様多糖体と特別配合のアミノ酸を使用して
安全な代替療法を指導しています。

睡眠がしっかりととれない原因

①ストレス ②自律神経のバランスの崩れ ③更年期 ④老化現象
 ⇒ほとんどの方が、ストレスによる不眠に悩まされています。
 ⇒ひどい場合には、うつ傾向となり、精神安定剤等を処方されてしまいます。

睡眠薬に頼るのはやめましょう

 睡眠薬は依存してしまいます。改善ではなく応急処置だと考えて下さい。睡眠薬を摂っている場合、併用して療法を開始しています。飲まないという不安で余計に眠れない場合もあるからです。それから、徐々に体質改善等が行われ、薬の量が減り、薬を意識しなくても眠れるようになってきます。最低半年は見て下さい。

睡眠の質を高めるには

フコイダンに含まれるアミノ酸の仲間(グリシン)は、より質のいい睡眠を与えてくれます。それに、さらにアミノ酸を加えて栄養バランスのいいフコイダン水溶液で、睡眠をしっかりとれるよう体質改善をすることで、精神を安定させストレスを緩和てくれます。睡眠は長さではなく、質が重要です。お薬だけに頼らず体質から改善するよう、指導致します。

実際の体験談 ※個人の感想であり、結果を保障するものではございません。

開始2009年2月:5年前から睡眠薬服用中⇒取材時2009年8月:睡眠薬が不要に
~ご本人様よりインタビュー~ 群馬県 46歳男性 会社員
 私は睡眠薬を1mg飲んでいました。効かないという事はありませんが、朝がとても起きにくく、たまにふらつく事があります。ただ、眠れないよりかはましだと思い継続しています。私自身でも、依存するから飲まない方がいいとは思うものの、眠れない苦痛から脱出する為には仕方ありません。そんな私を見ている妻が、ネットサーフィンをし、既に相談を終えた状態で報告が来ました。私も、薬を飲まない体になりたいと思い、さっそく療法開始。妻の協力もあり、飲み忘れ等は無く、一ヶ月が過ぎました。妻から、「試しに薬飲まないでみたら?」と言われましたが、私は眠れない事が怖いと拒みました。ただ、最近妙に目覚めがいい事と、体調がいい事もあり、妻には言わず飲まない事を試みたのです。さすがにすぐというわけにはいきませんでしたが、眠る事ができ、爽快な目覚めで朝を迎えました。今までの寝起きと違う私をみて、妻が「薬飲まなかったでしょ」と聞いてきたので白状し、それからは、どうしても必要な時だけ飲むようにしていきました。私が薬離れをしたのは、始めて5カ月目あたりです。頼らなくても眠れると言う自身もあったし、体調がとてもいいので、もう薬はやめました。今では家族の中では誰よりも先に寝つくかもしれません。そんな私を見て、妻はとても喜んでいます。本当に、妻と研究所に感謝です。
開始2010年5月:1年前精神安定剤服用⇒取材時2011年5月:精神安定剤が不要に
~ご本人様よりインタビュー~ 滋賀県 52歳女性 主婦
 私は精神安定剤を処方され、飲んでいました。始りは不眠でした。年齢もあるので、いよいよ更年期の始りかなと思いました。ただ、睡眠がとれない分、倦怠感、だるさ、情緒不安定な事が多くなり、精神科を受診しました。その時に渡されたのが精神安定剤です。私はうつなの?と思いましたが、とりあえず飲む事にしました。飲んでいる間は安定しておりますが、飲まないと不安になりました。これが悪いサイクルだと思いつつも飲み続けました。更年期の他の症状もでてきたので、何かで改善できないかなと思い、こちらに相談しました。朝手がしびれて起きていたのですが、始めてから3日目にはしびれなくなり、手の動きが楽になりました。少しずつですが、睡眠がよくとれているような感覚がありました。始めてから半年がたった時、試しに薬を飲まないで床につきました。その代わり特別なフコイダンはしっかりとっています。すると、何の問題もなく眠る事ができたので、今は必要な時だけ薬を飲むようにしておりますが、その必要な時がまだ来ておりません。長年の便秘の解消や、お肌・髪の毛の艶も出てきていて、一石二鳥だなと思っています。
開始2011年4月:10年間睡眠薬使用⇒取材時2012年1月:睡眠薬が不要に
~ご本人様よりインタビュー~ 秋田県 58歳男性 会社役員
 私は、睡眠薬50mgの2粒を飲んでいました。副作用なのか、日中はたまに頭痛がしたり、吐き気がある場合もありますが、やはり眠れないと体は動いてくれないので、全く眠れない時には4粒飲む時もあります。依存してはだめだとは思うものの、眠れないストレスは測り知れません。この研究所は、私ではなく、子供が見つけてくれました。初めは、薬が少しでも減ればいいかなという思いで始めました。今でも特別なフコイダン様多糖体の水溶液を朝50ml夜50ml飲んでいますが、驚いたのは始めて1週間が過ぎたころでした。その時はたまたま仕事が長引き、家に帰って妻が用意してくれた食事をとりながらいつものように特別なフコイダンを飲み、そのまま眠りにつきました。睡眠薬を飲み忘れてしまったのです。ですが、その日の朝は爽快に起きる事ができ、久しぶりに熟睡した感覚がありました。この事を妻に話すととても驚いておりました。それから、必要な時だけ薬を飲むようにし、どんどん量が減っていきました。今10ヶ月目ですが、ほぼ睡眠薬に頼らずに眠っています。10年ぶり、いや、もっと前からこんなに熟睡できる事がなかったのでとても嬉しいです。体も健康的になっている実感がとてもあり、不思議と仕事の効率も良くなり、エネルギーが漲っています。まだまだ若いもんには負けないように仕事をしていこうと思います。
体験談レポート 無料進呈

フコイダン研究所 体験談レポート

体験談レポートは無料です。フコイダン療法によりどのように病を克服したのか、体験談レポートと共に、具体的なフコイダン療法の内容について記載されています。

※赤の入力項目は必須です。
問い合わせ種別
不眠とフコイダンに関するお問い合わせ
お名前※
(姓)   (名)
名前を入力してください。
フリガナ※
(セイ)  (メイ)
フリガナを入力してください。
郵便番号
(例:000-0000)
住 所※
住所を入力してください。
電話番号※
電話番号を入力してください。
E-mail(PC)※

メールアドレスを入力してください。メールアドレス無効な形式です。
現在の様子※
睡眠薬を服用中  精神系の薬を服用中  なにも服用してない 現在の様子を選択してください。
お悩み※

お悩みの内容を入れてください。

※お悩みが詳しく書かれていない場合は対応できません。
※極力詳しくお書き頂ければ合わせた資料を無料で御提供致します。
  • 体験談へ
フコイダンに関する情報
研究所所在地
フコイダン代替医療研究所
一般社団法人
フコイダン代替医療研究所
沖縄県浦添市牧港2-33-7